【レザークラフト 】レクソルのレザークリーナーを使ってレザーバッグ のクリーニングを簡単に!




こんにちは ゴローです。

外に出るのも躊躇うほどの日差しと気温ですね・・・
熱中症だけにはみなさんくれぐれもお気をつけください。

 

 

 

さて、今日はSNSを見てくださった方からレザーバッグのクリーニングを承ったのでその流れについてです!

こちらが承ったバッグです。

他の黒色のレザーバッグと一緒に保管しているとスレて付着してしまったのことです。
濡れた布での清掃では取れない汚れになっていました。
確かに全体が黒くなってしまっており、黒が目立ってしまっています。

と、いうことでレザークリーナーを使用して汚れをクリーニングして行きます!

今回使うのはこちら

LEXOL(レクソル)のレザークリーナーです!

これは非常に有名なレザークリーナーです。
革も痛めにくいということで非常に優れています。値段も高くなく、いいですね!

さて早速クリーニングを行います。

クリーニング開始!
方法ですが、基本的には普通の洗剤と同じです。
①スポンジを用意する
②よく泡立てる
軽い力で磨いていく
④数分置き、水に濡らしてから搾った布で表面の洗剤を拭き落とす
⑤乾いた布で表面の水分を取る

あまりゴシゴシしてしまうと色のあるレザーでは色落ちしてしまうこともあります。

まずは目立たないところでレザーが色落ちや漂白されないことを確認します。

この汚れが・・・

 


こんな感じに!

 

緑の汚れというよりシミがかなり綺麗になりました!。
ただ、シミになってしまってしまっているのと元々が白なので完璧には取れないのがもどかしいですね。

 

 

さて、いよいよ本体を磨いていきます。

洗顔をするように優しく洗って行きます・・・

 

 

 

 

【クリーニング完了!】

全体的に汚れが取れました!
ただやはり茶色のシミや、ピンクのシミはレザーの中にまで浸透してしまっており落とすことはできませんでした。
でも元々の真っ黒な状態からはかなり綺麗になったので御依頼者さんには満足いただけました。

ちなみにですが、レザーは洗ったままだと表面の油分が抜けて痛みが早くなってしまいます。
そこで、レクソルでクリーニングした後は表面のコンディションを整える必要があります。
それには以下のもの(どれか一つでOK)が有効です!

基本的にはレクソルのクリーナーを使うので、レクソルのコンディショナーをセットで使うのが何も考えなくていいのでおすすめです!
私は所有していたミンクオイルを使用しました。

これでを表面に薄く塗って伸ばすことで状態を保つことができます。
ミンクオイルは手で濡れるので塗りやすいです!
レクソルコンディショナーは布などで伸ばしながら塗りましょう。

少し手間のようにも見えるかもしれませんが、誰にでもできるのでみなさんも試して見てください!

sumo56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください